薬剤師 休憩時間

薬剤師の休憩時間でまず知っておきたいこと

 

休憩時間がしっかり確保された薬剤師の職場で働きたい。
これって基本だけどすごく大事。

 

 

 

 

薬剤師の休憩時間がしっかりと確保されている職場。

 

これは仕事のパフォーマンスを高いレベルで
維持するために必要なポイントです。

 

 

 

休憩時間になって心身ともに休ませてから
残りの労働時間を頑張る・・・

 

 

こういったメリハリのある職場の方が
効率よく仕事ができて、しかも残業がないケースがすごく多いです。

 

 

 

 

薬剤師の休憩時間と残業って意外とリンクしているんですよ。

 

 

 

 

だからこそ、休憩時間が十分に取れない職場は
心身や仕事の効率や残業に良い影響を及ぼさないわけで(^^;

 

 

主婦薬剤師のあなたは、
仕事はもちろん育児も頑張っているわけですから
休憩時間というのは小さいようで、実は大きなポイントだと思います。

 

 

今働いている職場は満足に休憩時間が取れないという主婦薬剤師、
これから現場復帰を目指している主婦薬剤師のあなたは要チェックです。

 

 

 

そこで、まず頭に入れておきたいのがこちら。

 

 

労働基準法34条より

 

労働時間が6時間を超える場合⇒少なくとも45分の休憩が必要
労働時間が8時間を超える場合⇒少なくとも1時間の休憩が必要

 

 

 

例えば、

 

・9時〜16時の出勤であれば45分の休憩時間が入る。
・9時〜18時の出勤であれば1時間の休憩時間が入る。

 

 

と、いったように認識しておくと良いです。

 

 

 

ここで、実際の体験談をもとに
薬剤師の休憩時間の問題について解説していきますね。

 

 

 

休憩時間が曖昧だとこんなにきつい!薬剤師の体験談と解決策

 

それでは、休憩時間に関する実際の体験談を見てみましょう。

 

 

 

 

調剤薬局に勤める30代女性 Y.Sさん

 

拘束時間が長いのがネックで、ずっと悩んでいます。
休憩時間の昼食は、基本的に調剤と掛け持ちです。
患者さんが来れば、ご飯の途中でも対応しないといけないのは当たり前。
私は1時間休憩をもらってはいますが、休憩中何度も呼び出されてきついです。


 

 

 

こういった体験談を見てみると
薬剤師の休憩時間は大事だと再認識させられます。

 

 

休憩中にたまに呼び出されるくらいなら許容できますが、
1回の休憩で何度も呼び出されては、心身ともに休まる暇がありません(^^;

 

 

 

心身ともに休まる時がないと、
集中力が欠如するケースも出てきますから。

 

 

 

しかも休憩時間について、自分から上司には言いづらいですよね。

 

労働基準局に連絡して職場が指導を受けたとしても
自分が連絡したことがバレて居心地が悪くなるのが嫌で躊躇してしまいます。

 

 

 

ですから、ブランク明けの主婦薬剤師、
あるいは今の職場の休憩時間に悩んでいる主婦薬剤師には
休憩時間をしっかり確保してくれる職場を新たに見つけることも方法の1つです。

 

 

 

休憩時間のチェック項目と薬剤師転職の心強い味方

 

正直なところ、求人票に記載されている休憩時間が
本当にそのまま確保されているかというのは不透明です。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、実際にあなたが転職を考える場合
職場のどんなところをチェックすべきなのでしょうか?

 

 

 

@適切な人員配置

 

適切な人数で、適切に人員を配置していれば
休憩時間に何度も呼び出されて休む暇がない状況は生まれません。

 

 

これは、職場の規模と上司のリーダーシップ・管理能力
前もってしっかりおさえておくことが必要です。

 

 

 

A職場の方針・雰囲気

 

職場の方針がしっかり定まっていると心強いです。

 

例えば、社内に休憩時間をしっかり確保するマニュアルがある場合、
休憩時間に対する不安は解消される可能性がすごく高いですね。

 

 

あと、職場のスタッフの【休憩時間を取ることは大事】という
雰囲気が職場全体にあることも大きなチェック項目です。

 

 

 

B職場の工夫

 

忙しい時間帯はスタッフ一丸となって対応できるように
休憩時間を30分ずつ2回に分けて、休憩時間もしっかり確保する。

 

 

フレキシブルな職場の工夫は大事です。

 

こういったところも前もって調べておくことをおすすめします。

 

 

 

 

以上が、休憩時間をしっかり確保できる職場を
見つけるためのチェックポイントですね。

 

 

 

 

 

 

 

あなたがまずやっておきたいことは職場見学

 

調剤薬局やドラッグストアの場合は、お昼に行ってみると良いです。
病院なら午前診と午後診の間ですね。

 

 

休憩に行く人が1人もいなかったりと、
無理をさせているところを見ることができる可能性があるからです。

 

 

 

しかし・・・

 

 

いつもは休憩時間が十分に確保できない職場なのに
職場見学の日がたまたま余裕があって
休憩時間がいつもしっかり確保できているように見える

 

 

といった、誤った認識をするケースがあります。

 

 

 

だからこそ、職場見学にプラスして
適切な人員配置、職場の方針・雰囲気、職場の工夫
前もって知ることが休憩時間をしっかり確保できる職場を見つける近道です(^^)

 

 

 

そこで、もっと精度を高めて就活するために
完全無料の薬剤師転職支援サービスを使ってみると良いですよ。

 

 

そして薬剤師転職支援サービスで1番信頼ができるのが
ファルマスタッフです。

 

 

 

 

 

 

薬剤師の職場の内情を知って、休憩時間がしっかり確保された職場へ

 

適切な人員配置、職場の方針・雰囲気、職場の工夫。

 

上記の事項は、そもそも職場見学だけでは分かりません(^^;

 

 

 

ですが・・・

 

ファルマスタッフならすべて網羅できます。

 

 

なぜなら

 

・コンサルタントの質が高い
国から優良派遣事業者認定と職業紹介優良事業者認定を医療系求人紹介で唯一受けている信頼性。
1つ1つの求人先に足を運んで内情をチェックしているので、適切な人員配置、職場の方針・雰囲気、職場の工夫といった情報が得られます。

 

・業界トップの求人数
非公開求人も多数あり、あなたの選択肢が広がります。

 

・条件交渉、面接同行
条件交渉で給与はもちろん、休憩時間の交渉もコンサルタントが代行してくれます。
コンサルタントが面接同行もするので、プレッシャーを感じずに面接へ臨めます。

 

 

という、強みがあるからです。

 

 

あなたは簡単な登録を済ませれば
専任コンサルタントに自分の希望や条件を伝えて
それに合致した求人を専任コンサルタントが提案してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファルマスタッフを利用することで
あなたが今まで知らなかった情報が手に入り
休憩時間がしっかり確保され、心から働きたいと思う職場が見つかるはずです。

 

 

休憩時間をしっかり確保してメリハリのある勤務をすれば、
あなたのプライベートもより充実していくでしょう(^^)