薬剤師 パート

パート薬剤師に適している生活環境を紹介

 

パート薬剤師として働く場合、
どんなことに気を付けて求人を探せば良いかな?

 

 

 

 

パート薬剤師は主婦にとって心強い雇用形態ですよね。

 

 

 

結婚、出産、育児を経験する過程で

 

 

「パートは空いた時間で働ける」

 

 

と、いったメリットがありますから。

 

 

 

 

あなたが下記のような思いを持っているなら
パート薬剤師として働くにはうってつけですね(^^)

 

・育児に時間を充てたい
・正社員だと体力的に不安
・プライベートをより充実させたい
・短時間で効率良く働きたい

 

 

 

じゃあ、実際に薬剤師としてパートで働くときに
どんなメリット・デメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

 

 

 

パート薬剤師のメリット・デメリットから浮かび上がるものとは?

 

パート薬剤師のメリット・デメリットを参考にして、
どうやったら希望に合うパート薬剤師の求人を見つけられるかを探っていきましょう。

 

 

 

薬剤師としてパートで働く場合のメリット

 

@時給は最低でも1,500円〜

 

薬剤師としてパートで働く場合
はっきり言って薬剤師の時給は高いです。

 

 

最低でも1,500円〜で、
時給が高いと3,000円以上の求人があるので要チェックです。

 

 

パートで働く際に
効率良く高時給で働けるのはうれしいですよね。

 

 

 

A異動や転勤がない

 

「この地域から離れたくない」

 

といった気持ちは1度は経験したことがあると思います。

 

 

 

パート薬剤師だと、
異動や転勤がないので
今のお住まいに腰を据えて働くことができますよ。

 

 

 

 

 

 

育児をするならなおさら
この地域でずっと働きたいと思ったりしませんか?

 

 

それを叶える働き方がパート薬剤師ですね。

 

 

 

B配偶者の転勤にも合わせられる

 

もしあなたの配偶者が転勤になっても迅速に対応できて、
引越し先でもパート薬剤師としてすんなり働けるのも
メリットの1つと言えます。

 

 

ここで気を付けておきたいのは、
引越し先でも人間関係が良好な職場を選びたいものですよね。

 

 

 

C時間や曜日に融通がきく

 

勤務時間や勤務曜日の融通がきくのは本当に大きいです。

 

 

・お子さんの保育園への送り迎え
・お子さんが急病になった場合の早退
・プライベートでの急な用事の対応

 

 

あと、疲れがたまりやすい体質の方にも
時間を自分の体調に合わせて選べるパート薬剤師はおすすめですね。

 

 

 

 

 

 

パートで働くと時間や曜日を選べるのが
最大のメリットと言っても過言ではありません。

 

 

 

薬剤師としてパートで働く場合のデメリット

 

@重要な仕事は任せてもらえない

 

新人指導や在庫管理などの仕事は基本的に
正社員の仕事になっています。

 

 

パートはどうしても仕事をやれる範囲が決まっています。

 

 

 

ドラッグストアなら、レジ打ちや商品陳列などの仕事が
多くなってしまうことが実情ですね。

 

 

 

Aボーナスなし

 

パート薬剤師の宿命かもしれませんが、
ボーナスは出ません。そして退職金も出ません。

 

 

 

 

 

 

これは、時給の高さで補っている側面があります。

 

 

パートは短時間労働であり、短時間で効率的に稼ぐ雇用形態です。

 

 

ですから、フルタイムでパートで入る体力や気力があるなら
ボーナスや福利厚生がある正社員で働く方が良いかもしれません。

 

もし、これを見て正社員も吟味してみたくなったら
正社員を選ぶ際に知っておくべきことを参照ください。

 

 

 

B条件を満たさないと福利厚生なし

 

基本的に健康保険・厚生年金保険の福利厚生は対応していません。

 

 

これは、扶養控除の範囲内で働きたい場合には
あまり関係ないのかもしれませんが(^^;

 

 

 

ただ、あなたにはあなたの事情があるので
健康保険・厚生年金保険の福利厚生をパートとして受けたい場合は
転職先が条件を満たしていることをしっかりチェックしましょう。

 

 

短時間勤務での社会保険適用の条件とは?

 

・厚生年金保険被保険者数の合計が常時500人を超える事業所
・勤務時間が30時間未満で⇒@週20時間以上の労働
             A賃金の月額が8.8万円以上
             B勤務期間が1年以上見込まれること
             C学生でないこと

 

 

 

パート薬剤師の求人を探すうえでの最大のポイント

 

こうやってメリット・デメリットを見てみると
冒頭部分で述べた

 

・育児に時間を充てたい
・正社員だと体力的に不安
・プライベートをより充実させたい
・短時間で効率良く働きたい

 

といった考えを持っている薬剤師に最適と
改めて認識することができます。

 

 

 

 

そこで、パート薬剤師の求人を探すうえで

 

 

 

1.自分のライフスタイルはパート薬剤師に適しているか

 

2.求人の選択肢は多いか

 

 

 

の2点がすごく重要になってきます。

 

 

 

そして、この重要な2点をおさえて
最適なパート薬剤師の求人を提案してくれるのが
薬剤師転職支援サービスのファルマスタッフ

 

 

 

 

あなたは簡単な登録を済ませたら
条件などのヒアリングからはじまって、ライフスタイルの模索、
求人紹介、面接同行、条件交渉、入社後のフォロー。

 

これ全部が完全無料で利用できるんです(^^)

 

 

 

ファルマスタッフは、すべての求人先に足を運んで
内情をチェックしているので入社前と入社後の
ミスマッチで苦しむなんてことはありません。

 

 

また、あなたのライフスタイルがパート薬剤師に適しているか
プロのコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれますよ。

 

 

 

しかも、ファルマスタッフは業界ナンバーワン
76,000件以上の求人数を揃えています(2017年02月現在)。

 

 

選択肢が多い方があなたの希望により合致した
職場が見つかる可能性が高くなりますからね。

 

 

 

 

 

 

業界ナンバーワンの求人規模で
ここまで手厚いサポートまでしてくれるのは
ファルマスタッフ1社だけです。

 

 

さらに、入社後も定期的にコンサルタントが
あなたのフォローをしてくれるのもすごいですよね?

 

これは、パートでも正社員でも同様にフォローしてくれます。

 

 

 

ファルマスタッフを利用すれば
自分でパート薬剤師の求人を見つけるより
はるかに効率的に、あなたに合った職場に巡り会うことができますよ(^^)