薬剤師転職 1年

入社1年目での退職、そして次の薬剤師転職のことを考慮すると・・・

 

「人間関係がイヤ!」
「想像していた職場とちがう!」
という理由で、あなたは今転職を考えていませんか?

 

 

 

入社して良かったのだけど、
結婚・出産を機に1年目で
退職しないといけない状況になったり。

 

 

薬剤師1年目の職場の雰囲気に馴染めず
過度なストレスが溜まって
うつ病の1歩手前の状況になってしまったり。

 

 

 

 

入社したのに1年目で退職を考える時

 

「次の転職の時に不利にならないかな」

 

と、不安になると思います。

 

 

 

基本的に、入社1年目での退職はなるべく避けるべきなのですが・・・

 

 

 

現状に耐えきれないなら転職した方が良いです!

 

 

 

なぜかと言うと、入社1年目であまりに我慢し過ぎると
あなたが今後、薬剤師として働くうえでのやる気がなくなってしまうからです。

 

 

 

薬剤師1年目での退職が不利にならない2つの理由とは?

 

一般的な評価基準で言うと、職務経歴が「1年未満」と「1年以上」では
やはり印象が違ってくるというのは否めません

 

 

 

 

1年以上勤務した場合、採用担当者は
「とにかく1年はしっかり勤め上げてきたんだな」
と、マイナスにはならない一定の評価をしてくれますから。

 

 

 

 

 

 

だけど・・・無理はいけません。

 

 

 

 

結婚・出産を機に家事や子育てに専念したり
職場の人間関係でストレスに耐えられなかったり
あなたにはあなたの特別な事情があるんですから。

 

 

 

 

 

 

だって、自分の生活を壊したり
ストレスが原因でうつ病などになってしまったら
それこそ次の職場で勤務する意欲が出なくなってしまいます。

 

 

 

最悪の場合、働くことに嫌気がさして家に引きこもってしまうケースもあるわけで。

 

 

 

私の薬剤師の知り合いはストレスによって胃腸を壊してしまい、
入社1年未満で退職したことがあります。
(彼女は病気を克服して、今は新たな転職先で順調に働いています。)

 

やはり無理は禁物だと言えますね。

 

 

 

 

私が「無理は禁物」と言うのは、

 

入社1年目で退職しても次の転職で不利にならない2つの理由

 

を把握しているからなんです。

 

 

 

その2つの理由はこちら↓↓↓

 

 

@転職回数の統計が示す数値

 

下記は薬剤師の転職回数の統計結果を表に示したものです。
(セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社による調査より)

 

0回 18%
1回 23%
2回 33%
3回 16%
4回以上 10%

 

 

『全体の82%にあたる薬剤師は転職経験がある』

 

という、驚きの結果が出ているんです!

 

 

 

一般職の転職回数は1〜3回までが「55%」

 

そして、薬剤師の転職回数は1〜3回までが「72%」なので
一般職より薬剤師は転職が活発であり、
より良い職場が見つかったらそこの職場に定着するといった傾向があります。

 

 

さらに、60%を超える方たちが20代で退職を経験している統計結果も出ています。

 

 

 

 

このように、薬剤師の転職回数に関する数値を見ると

 

 

入社1年目の退職は心配しなくても大丈夫

 

 

と言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係などのストレスに耐えきれなくて入社1年目で今の職場から転職することは
むしろ、前向きに考えて良いと思いますよ!

 

 

 

 

 

A便利な薬剤師転職サービスの存在

 

そして、便利な薬剤師転職サービスを利用することによって
入社1年目での退職の印象が苦にならない転職活動がさらに可能となります。

 

 

 

薬剤師転職サービスはすべて無料で利用できますが、
各社とも独自のサービスを展開しているので
よく吟味して選ぶ必要がありますね。

 

 

 

 

1年目の薬剤師の退職を挽回できる転職サービスはコレ!

 

結婚・出産、ストレスや病気・・・

 

1年目で退職せざるを得ない場合、
次の転職では転職支援サービスのファルマスタッフを使うことをおすすめします。

 

 

 

なぜなら入社1年目で退職したという不利な印象を
ファルマスタッフなら最小限に食い止めて転職成功に導いてくれるからです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

入社1年目での不利な転職状況を最小限に食い止めてくれる
ファルマスタッフのサービスがこちら↓↓↓

 

1.面接対応を教えてくれる
2.面接同行
3.質の良い求人を数多く揃えている

 

 

 

面接対応を教えてくれる

 

ファルマスタッフでは、
国家資格を持ったキャリアコンサルタントによるカウンセリングを兼ねた相談まで
無料で受け付けているのであなたが抱いている悩みを解消してくれます。

 

 

 

そして面接では、採用担当者が1年目で辞めてしまった理由を聞いてきます。

 

この対応方法もファルマスタッフの
コンサルタントが教えてくれるので安心です。

 

 

 

採用担当者に「またすぐに辞めてしまうかも」と思われないように
次の点に気を付けると良いですよ。
・やむを得ない事情で退職したことを伝える
・1年目で退職してしまった無念さを伝える
・以前の職場への愚痴にならないように気を付けて表現する

 

 

 

ストレスが原因で退職してしまった場合は
こんな言い方が良いかもしれませんよ。

 

【例】
「調剤薬局に入社しましたが、実際は残業が入社前の情報よりもはるかに多く、
家族との時間が極端に減ってしまい精神的に不安定になりました。
今後も忙しさや残業の多さを改善することは難しいと判断し、
不本意ではありましたが短期で退職することに致しました。」

 

 

愚痴にならないようなギリギリのラインって難しいものです(^^;

 

ここは薬剤師転職のプロである専任コンサルタントに
面接対応を細かく教えてもらうことによって、採用担当者に悪い印象を与えません。

 

 

 

面接同行<

 

面接同行って、要はあなたの面接にコンサルタントが一緒に入って
採用担当者のやり取りで詰まったらすかさず助け船を出してくれます。

 

あと、コンサルタントがしっかり証人として面接を聞くことによって、
採用前と採用後で言ってることの食い違いを防ぎますよ。

 

 

 

 

 

 

給与や勤務時間などのデリケートな条件交渉もコンサルタントが代行してくれます。

 

 

 

質の良い求人を数多く揃えている

 

ファルマスタッフは79,000件を超える業界ナンバーワンの求人数(2017年6月現在)、
しかも質の良い求人を揃えているので選択肢が一気に広がりますよ。

 

 

 

当然かもしれませんが、
質が良くてしかも数多くの求人を揃えていた方が
あなたの希望に叶った転職先が見つかる可能性は格段に上がりますからね。

 

 

 

 

実は、以上の3つのポイントをすべてクリアしているのは、
薬剤師転職サービスでファルマスタッフだけなんですよ。

 

 

 

ファルマスタッフを選ぶことで1年目に退職しても挽回できる

 

いかがですか?

 

1年目で退職したという不利な印象を拭い去る転職サービスが
ファルマスタッフには揃っているんです。

 

 

 

 

 

しかも、コンサルタントは日本調剤の教育を受けた全国80名の精鋭
あなたの希望の地域別に最適な求人を紹介してくれます。

 

ファルマスタッフの親会社は日本調剤なので、最新の転職情報もどんどん入ってきます。

 

 

また、求人先にはコンサルタントが必ず足を運んで内情をチェックしているので
あなたの知りたい細かい情報もすぐに教えてくれますよ。
(例えば、職場の雰囲気や離職率や給与の上がり方など)

 

 

 

1年目での退職からの転職活動はいろいろと不安があると思います・・・

 

 

そんな時こそファルマスタッフと二人三脚で転職活動を進めれば
1年目で退職した不安を解消して
あなたが長く働ける環境の良い職場を見つけることができますよ(^^)