薬剤師 離職率

薬剤師の離職率から見えてくるものとは!?

 

薬剤師の離職率が高い職場には

転職したくない・・・

 

 

 

こういった思いになりませんか?(^^;

 

 

離職率は、その職場の雰囲気を
読み取る材料となります。

 

 

ですから、常に離職率をチェックして
薬剤師の就活をするのが得策です。

 

 

 

じゃあ、どのくらいの数値を目安として
離職率と向き合っていけばいいのか・・・

 

気になりますよね!

 

 

 

薬剤師の離職率の目安と、離職率から分かること

 

薬剤師の職場選びに欠かせない離職率。

 

入社してから3年後の離職率を業種別にグラフでまとめたので、
まずは見てくださいね。(2015年までの数値をもとに作成)

 

 

 

赤い円で囲った部分が薬剤師の離職率となります。

 

ただ、ここには介護職の離職率も混ざっていますので
だいたい30%を基準に考えてください。

 

 

各職場の求人情報を見て、入社後3年以内の薬剤師の離職率が
30%を超えてくる職場はやや高いと判断できます。

 

 

薬剤師の離職率は基本的に
低ければ低いほど良いです。

 

 

 

だからこそ、薬剤師の離職率が高い職場は
高いなりの理由があって、それを理解しておくことが重要ですね。

 

 

薬剤師の離職率が高い職場の特徴は次のとおりです。

 

@職場の人間関係が良好ではない

グループごとの力関係や人の意見に耳を傾けない上司の存在など、
人間関係で悩んでしまう薬剤師が多いです。

 

 

A勤務時間や休日に無理がある

子供と一緒にいる時間も大事にしたいのに
土日出勤や残業が続くと不満が溜まってしまいますよね(+_+)

 

 

B給与アップや休日出勤手当がつかないなどの待遇面の不満

頑張ったのにその成果をしっかり評価してくれないと
やる気がなくなってしまいます。

 

 

 

これを見ただけでも薬剤師の離職率は
職場選びで欠かせない項目だと分かりますよね。

 

 

 

薬剤師の離職率から逆転の発想!働きやすい職場を選ぶ指標は・・・

 

薬剤師の離職率が高い職場は、求人票に書かれた条件が良くても
よく注意して就活しないといけない指標になります。

 

 

では、逆に働きやすい職場を選ぶ指標となるのが・・・

 

定着率です。

 

 

 

定着率の高い職場の特徴は次のとおりです。

 

・チームワークが良く助け合いの精神がある
⇒子供の急な病気など予期せぬことが起こる可能性はあります。
 そんな時に笑顔で早退を促したりしてくれる職場
 居心地が良い環境であり、雰囲気もすごく良いです。

 

・休日の確保
職場内で有休をしっかり取りましょうという方針があると
 プライベートと仕事のメリハリがついて
 長く職場に居たいという気持ちにつながります。

 

・教育体制・福利厚生の充実
⇒特にブランクのあるママ薬剤師にとって、教育体制の充実は
 入社後の過度な緊張感を和らげる効果があります。
 また、福利厚生が充実してると勤続年数が自然と長くなる傾向。

 

 

薬剤師の離職率から逆転の発想をすると
選ぶポイントである定着率が浮かんでくるんですよ。

 

 

外す指標=離職率
選ぶ指標=定着率

 

 

と、考えておけばバッチリです(^^)

 

 

 

薬剤師の離職率が低く、定着率が高い人気の職場を見つけるためには?

 

薬剤師の離職率と定着率はあまり外に出るものではないですし、
面接の時に採用担当者に質問しづらい項目ですよね(^^;

 

 

しかも、薬剤師の離職率が低くて定着率が高い職場は
人員の入れ替わりがゆっくりしているので
求人がなかなか出てこない可能性があります。

 

 

そこで、2つのポイント。

 

@情報収集力が抜群で、
 メリットだけではなくデメリットも包み隠さず教えてくれる

 

A質の良い求人をより多く揃えている

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

上記の2つのポイントをおさえている薬剤師転職サービスなら、
薬剤師の離職率が低くて定着率が高いという
求人になかなか出てこない職場を網羅できます。

 

 

 

このポイントを満たしているのがこちら!

 

 

 

ファルマスタッフは日本調剤が母体なので
独自の強いネットワークがあり、
質の良い求人を約75000件揃えています。

 

この求人数は業界ナンバーワンです。

 

 

しかも全国に居る80名のコンサルタントが
求人先のメリット・デメリットを包み隠さず教えてくれるので
薬剤師の就活が円滑に進みます(^^)

 

 

しかも転職後も専任コンサルタントがあなたの職場へ行って
悩みやキャリアプランの相談にも乗ってくれます。

 

 

転職後もあなたをしっかりサポートしてくれる・・

 

これが完全無料で利用できるのはありがたい。

 

 

気兼ねなく自分の希望をコンサルタントへ伝えるだけ伝えて
離職率が低くて定着率の高い職場をどんどん紹介してもらいましょう(^^)