薬剤師 悩み

薬剤師共通の悩み、業種別の悩み

 

あなたは薬剤師としてどんな悩みを抱えていますか?
変にストレスを溜め込んでいませんか?

 

 

 

薬剤師は女性の割合が多くて
その中で人間関係を良好に保つにはどうしたら良いか悩むものです。

 

 

 

実際に、調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業といった
業種に関係なく「人間関係」の悩みは
いつも薬剤師の悩みの原因トップ3に入ってきます。

 

 

私も人間関係で悩みを抱えて、結果的に胃腸を痛めてしまいましたからね(^^;

 

それだけ、人間関係はデリケートな問題です。

 

 

 

 

そして、業種別に薬剤師の悩みを分析してみると以下のようになります。

 

 

@調剤薬局の薬剤師の悩み

 

・仕事が単調になってしまう
・想像以上の調剤に追われて苦しい

 

 

Aドラッグストア薬剤師の悩み

 

・土日にお休みを取りたくてもなかなか取れない
・レジ打ちや品出しはなるべく避けたい

 

 

B病院薬剤師の悩み

 

・仕事の大変さにお給料が伴っていない
・医師・看護師との意思疎通がうまくできない

 

 

C企業薬剤師の悩み

 

・わりと残業が多い
・製薬会社での営業は自分に不向き

 

 

 

ざっと挙げるとこんな感じです。悩みなんて早く解消したいですよね!

 

 

 

薬剤師の悩みを解決するには?

 

じゃあ、悩みを解消するにはどういった手順を踏めばいいのでしょうか?

 

 

 

解決したい悩みの順位付け

 

 

解決したい悩みがあるなら、その順位付けをやってください。
それを必ずメモして残しておきます。

 

悩みが1つなら、それだけを書いておいてくださいね。

 

 

 

 

 

 

専門家(キャリアコンサルタント)に悩みを打ち明ける

 

 

順位付けをしたメモを持って、
キャリアコンサルティングを受けてください。

 

そこで職場内で解決できそうか、解決が難しそうかを吟味します。

 

現在では、薬剤師に特化した無料のキャリアコンサルティング
やっているところもあるので要チェックですよ。

 

 

 

専門家と相談して出した解決策を実行する

 

 

上司や人事に相談できそうであれば、適切な場を設けてもらいます。
もちろん専門家に指示を受けたやり方で進めてください。

 

また、笑顔を増やす努力をすると副交感神経が優位になって
リラックスすることができますよ。

 

 

 

しかし、悩みが自分の許容範囲を越えていて
どうしようもない状態の場合、転職という選択肢が出てきます。

 

 

 

悩みの解消ため、転職を決断する際の注意点

 

転職が自分の悩みを解決できる1番の方法と思ったら、
転職活動を開始する形が良いかもしれません。

 

 

ただ、重要なのは・・・

 

 

現在の職場を辞めるリスクや転職におけるリスク、
転職先での自分の悩みを解決できる見込みなど、
総合的に判断してから決めることです。

 

 

 

だからこそ、国家資格を有するキャリアコンサルティングを
受けた方が良いとおすすめしたわけで。

 

 

 

 

 

 

 

悩み解決の効果的な手段に転職が挙げられますね。

 

転職への方向性が決まれば、
薬剤師のキャリアコンサルタントに悩みを解消してくれる
職場を紹介してもらうのが良いです。

 

 

ここでも、解決したい悩みの順位を書いたメモが生きてきます。

 

悩みの上位にくる職場は真っ先に除外できますから。

 

 

 

薬剤師の悩みの解消には内部の細かい情報がすごく重要

 

あなたが現在の職場で我慢の限界を感じたら
まずは相談するという行動をしてみてください。

 

 

それだけでもずいぶん気持ちが楽になりますから(^^)

 

 

 

あと、転職を決断した場合は
なるべくコンサルタントの質が良い紹介会社を使うべきです。

 

 

現在の職場とこれから探す職場を
総合的に判断することが重要なポイントだからです。

 

 

 

 

 

 

しかも、希望のエリアで求人先の細かい情報まで知り尽くしてないと
転職しなければ良かったと後悔する可能性もあります。

 

 

 

優秀なコンサルタントを見つける方法は
薬剤師転職コンサルタント事前に見極めるポイント
詳しく解説しています。ご参考に。

 

 

どれでも良いではなくて、
本当に安心して任せられる紹介会社を選びたいものです(^^)