管理薬剤師 転職

管理薬剤師への転職を最初から不安に思う必要はない?

 

管理薬剤師のメリット・デメリットを知ったうえで
管理薬剤師への転職が得か損かを判断したい

 

 

 

 

正直言って、管理薬剤師になると
責任とやりがいを感じることができて年収もアップします。

 

 

 

だからこそ、
あなたが管理薬剤師へ転職を考えているなら
主な業務内容をまずは知っておきましょう。

 

・薬局やドラッグストアなどで働く従業員の監督
・副作用情報の収集など医薬品の管理
・薬局管理に関する事項を薬局管理帳簿へ記載

 

以上が、管理薬剤師の主な業務ですね。

 

 

 

あと、伝えておきたいのが・・・

 

 

主婦の薬剤師も管理薬剤師して活躍されている人がけっこういる

 

 

と、いうことです。

 

 

 

ですから、最初から不安いっぱいになる必要はありません(^^;

 

 

じっくり腰を据えて管理薬剤師に転職する際の
メリット・デメリットを見て判断してください。

 

 

 

管理薬剤師へ転職する際のメリット・デメリット

 

ここで、先に言っておくことがあります。

 

管理薬剤師になるために
明確な資格の取得は課せられていません。

 

 

 

 

 

ただ・・・

 

 

管理薬剤師は、薬局やドラッグストア全体の
運営に大きな役割や責任を果たす職業です。

 

 

 

ですから、
・薬事法や薬剤師法の理解
・医療保険などの深い知識
・店舗開設者やスタッフとのコミュニケーション能力

 

と、いった知識やスキルを持ち合わせていないといけません。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

なので、管理薬剤師になるためには
最低でも実務経験を3年以上積む必要があるとされています。

 

 

 

管理薬剤師へ転職する際のメリット

 

 

・収入アップ
⇒管理薬剤師の平均年収は600円前後、一般薬剤師の平均年収は500万円
・やりがいを感じる
・管理薬剤師の需要の拡大※
・一般薬剤師では身に付けられないスキルの習得
⇒人材マネジメント能力、保険請求業務等の事務処理、関係法規の理解など

 

 

 

※管理薬剤師の需要の拡大について

 

調剤薬局やドラッグストアのチェーン化が進んでおり、オーナーが薬剤師ではないケースも多くなっています。
そして1店舗に必ず専属の管理薬剤師が必要なので、管理薬剤師の需要の拡大につながっているのです。

 

 

 

管理薬剤師へ転職する際のデメリット

 

 

・営業時間外での業務が増える(時にはお休みが仕事になることも)
・職場内のトラブルや患者さんからのクレームに対する気苦労

 

 

 

 

管理薬剤師へ転職する際のメリット・デメリットを見て、
やってみたい気持ちですか?それとも、不安な気持ちですか?(^^;

 

 

 

管理薬剤師への転職、今後の薬剤師業界の動向と一緒に見ると・・・

 

管理薬剤師への転職は不安の方が大きいかなと思っているなら・・・

 

 

 

 

 

少し待ってくださいね。

 

 

 

それなりのデメリットはありますが、
それを克服することで人間的にも技術的にも成長できます。

 

 

しかも、今はまだ薬剤師は売り手市場と言われていますが
高齢化社会に向けた社会保障費を抑制する法改正、
薬学部の新設による薬剤師の増加が予想されます。

 

 

 

と、いうことは・・・

 

薬剤師を取り巻く環境が急激に変化する可能性があります。

 

人間的にも技術的にも成長し、キャリアアップを果たしていれば
環境の変化にも対応できて自分の価値を高めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

薬剤師の求人が一気に減ったり、自分の職場で人員削減があっても
自分の価値を高めることができれば、生き残ることができるんですよ。

 

率直に言って、メリットの方が大きいです。
得か損かを判断するなら、得と言えると思いますね。

 

 

 

 

でも・・・だからと言って
無理に管理薬剤師への転職をおすすめするわけではありません。

 

 

管理薬剤師への転職はこれからのキャリアを決める
重要な分岐点なので迷って当然なんですよ。

 

 

 

そこで、第三者の視点であなたの状況を分析して
管理薬剤師への転職を親身になってアドバイスしてくれるのが
薬剤師転職サービスです。

 

 

すべてのサービスが無料で利用できるのですごく便利ですよ(^^)

 

 

 

プロのアドバイスを聞いてからの管理薬剤師の転職

 

あなたは薬剤師転職サービスに簡単な登録をすれば
専任コンサルタントに自分の希望や今後のキャリアを
相談できるので管理薬剤師への転職が得か損かを判断できます。

 

 

 

まあ、いきなり管理薬剤師への転職が不安なら
管理薬剤師候補の求人も見せてもらって
管理薬剤師候補から始めるのも方法の1つですよ。

 

 

ポイントとしては、
・キャリアコンサルティングをしてくれる
・管理薬剤師及び管理薬剤師候補の求人が多く揃っている
・職場の細かい内情が分かる

 

 

以上をすべてクリアしているのがこちら!

 

 

完全無料の薬剤師転職サービス「ファルマスタッフ」

 

 

 

有資格者によるキャリアコンサルティングって
普通は有料なんですけど、嬉しいことに無料でやってくれるんです。

 

 

しかもファルマスタッフは、
業界トップの求人数を揃えているので選択肢が広がります。

 

 

さらに、求人先にはコンサルタントが直接足を運んで
内情をチェックしているので、人間関係や職場の雰囲気といった
管理薬剤師が気を遣う点もすぐに教えてもらえますよ。

 

 

 

 

 

 

 

あなたが管理薬剤師を目指そうかなと迷っているなら
相談だけでも快く受けて、的確なアドバイスをしてくれます。

 

お試しでも利用できるって何気にすごいです・・・

 

 

 

完全無料なので、気兼ねなく利用しちゃいましょう!
そこで、あなたが管理薬剤師にチャレンジしたいと思ったら
求人を紹介してもらうスタンスで良いと思いますよ(^^)