薬剤師 漢方

漢方薬剤師が今注目されている背景

 

今、漢方薬への注目が集まっているけど
漢方を扱える薬剤師には、どんなメリットがあるのかな?

 

 

 

漢方薬剤師は基本的に、調剤薬局やドラッグストアに勤務して
漢方薬・生薬を調剤します。

 

 

 

この漢方薬剤師の活躍の場が、年々広がりを見せています。

 

これには、高齢化社会に伴う医療費高騰への対策のため
国をあげて漢方薬や生薬に力を入れているという背景があります。

 

 

 

それだけ、漢方薬剤師の需要は高い

 

 

と、言えますね。

 

 

 

 

ですから、1つ目の漢方薬剤師のメリットとして
需要が高くて安定して働けることを挙げることができます。

 

 

 

漢方薬剤師としての客観的な認定

 

漢方って、2つの種類があるんです。

 

・医療用漢方
⇒処方せんの指示にどおりに出すもの

 

・一般用漢方
⇒OTC医薬品と同じようにドラッグストアでも扱える

 

 

 

どちらにしても、客観的な漢方の認定があると
安心感が違いますし、転職も有利になりますよ。

 

 

その客観的な漢方の認定が漢方薬・生薬認定薬剤師制度です。

 

 

 

でも・・・あなたは主婦薬剤師として業務や家事に追われて
なかなか時間が取れないこともあるでしょう。

 

 

 

ですから、隙間時間に専門書を読んだり
漢方薬局で働いたりしながらコツコツと
ノウハウを蓄積することも方法の1つですね。

 

 

 

漢方薬剤師のメリット・デメリット

 

漢方薬剤師のメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

 

 

漢方薬剤師のメリット

 

・高齢化社会に向けて需要の増加
・不眠症や夜尿症への専門的な対処スキル
・漢方の見地からの健康サポート

 

 

 

漢方薬剤師のデメリット

 

・漢方薬局は平均年収がやや低い
⇒薬剤師の平均年収は530万円、漢方薬局の平均年収は400万円前後

 

 

 

 

 

デメリットは給与面です。

 

 

 

だけど、このデメリットも需要の増加に伴って解消される可能性はあります。

 

漢方薬剤師を目指す価値は十分にあると言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ、いざ漢方薬剤師の求人を探そうとするとき、
漢方を扱う薬局やドラッグストアの求人が少ない
っていうことに気付くはずです(^^;

 

 

 

ただし、完全無料で利用できる薬剤師の転職サービスに登録すれば
あなたの希望に見合った漢方の職場を見つけることができますよ。

 

 

 

安心感と求人の質と量が伴ったところで漢方薬剤師の求人を探す

 

薬剤師の転職サービスでは一般に公開されない
非公開求人も多く扱っているので
あなたに最適な漢方薬剤師の求人が見つかるケースが多いです。

 

 

 

だからこそ、求人の量と質、両方とも求めた方がいい。

 

 

 

そんなわがままな要望を叶えてくれるのがこちら。

 

 

 

 

 

ファルマスタッフは、業界トップの求人数に加えて
求人の質の高さに定評があります。

 

 

10万社ある人材会社のうち、
優良派遣事業者認定職業紹介優良事業者認定
両方を国から受けているのはわずか20社

 

その中で、医療系求人サイトで両方の認定を
受けているのはファルマスタッフだけなんです。

 

 

 

国からの認定を受けていることでの安心感、
最適な漢方薬剤師の求人を見つけることができる求人数、
試しに利用する価値は十分あると思いますよ(^^)