薬剤師 転職回数

薬剤師の転職回数の記載には注意が必要

 

薬剤師の転職回数が気になってしまう・・・
転職回数は薬剤師の就活にどんな影響を与えるのかな?

 

 

 

 

 

自分の職務経験を振り返ってみると
これからの転職活動ですべきことが見えてきます。

 

 

 

薬剤師業界はまだ売り手市場ということもあって、
転職回数の多さを気にしない求人先もあります。

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

薬剤師の転職回数が多いと
就活をスムーズに進められない

 

 

 

といったケースが出てくるんですよ。

 

 

 

採用側に「またすぐに辞めてしまうのでは?」と
警戒される恐れがありますから(^^;

 

 

 

ここで、気を付けておかないといけないポイントが2つ。

 

1.薬剤師の転職回数を偽る虚偽記載
⇒転職回数のすべてを応募書類に記載。
 虚偽記載に悪意がある場合は、採用取り消しになってしまいます。

 

2.薬剤師の転職回数のカウント方法
⇒結婚・出産を機に退職、アルバイト・パートを退職した場合でも
 転職回数に含まれるので注意しましょう。

 

 

 

これで薬剤師の転職回数の記載に関する問題は
無くなったと思います。

 

 

 

ただ、1番の問題は・・・
薬剤師の転職回数を採用側にどう受け入れてもらうかですよね?

 

 

 

薬剤師の転職回数が気にならない最大のポイント

 

一般的な企業に勤めている人たちの転職回数のアンケート
まとめたものが以下のグラフになります。

 

 

 

 

 

転職回数が5回以上の人もけっこういるんですね!

 

 

 

そして、薬剤師の平均在職年数は3年ぐらいと言われています。

 

薬剤師業界はまだ売り手市場であり、
専門職特有のスキルに合った職場を求める傾向が
強いということがここからも分かると思います。

 

 

 

しかし、薬剤師の転職回数が3回以上になってくると
転職理由の一貫性が必要になってきますね。

 

 

薬剤師の転職業界も徐々に競争が始まっているのです。

 

 

 

採用側もより長く働いてくれそうで、
しかも職場の雰囲気に合う有能な人材を選んでいます。

 

 

 

 

 

採用側から選ばれる時代に入ってきているんですよ。

 

 

 

採用側に選ばれるための最大の注意点

 

薬剤師としての高い専門性やコミュニケーション能力
持っているなら転職回数はさほど気になりません。

 

 

だけど・・・どうしても不安がつきまといますよね?(^^;

 

 

 

そんな時は、

 

 

 

ポジティブな転職理由を書くこと

 

 

が、重要になります。

 

 

 

例として挙げると、

 

「今までの調剤薬局での経験を生かして
いろんな科の処方せんを取り扱っている御社で
自分のスキルをより高めて貢献したいから」

 

といった理由です。

 

 

 

 

 

 

結婚や出産での退職も心配なく書いて大丈夫ですよ(^^)

 

 

 

でも、転職理由に一貫性がないと採用側が警戒します。

 

 

特に薬剤師の転職回数が3回以上の場合は重大な問題ですね。

 

 

 

しかも転職理由は人それぞれ違って当然ですし、
どういうふうに転職理由をポジティブに書いたら分からない
という状況に陥る可能性があります。

 

 

 

そこで便利なのが完全無料で利用できる薬剤師転職サービス
転職理由をプロのコンサルタントと一緒にしっかり考えることが
薬剤師転職成功の近道です。

 

 

 

薬剤師の転職回数に関係の深い転職理由を一緒に考えてくれる存在

 

今はいろんな薬剤師転職サービスがありますが、
丁寧な対応で最も使いやすいのがファルマスタッフです。

 

 

 

 

 

ファルマスタッフに登録を済ませると
薬剤師転職のプロであるコンサルタントが
あなたに会ってあなたの希望する求人を紹介してくれます。

 

 

 

あなたの忙しさや移動時間などの手間を考慮して、
コンサルタントが無料であなたの近くまで出張してくれるので
遠慮なく相談ができるのがうれしいですね(^^)

 

 

ここで、転職理由の相談もすれば良いわけです。

 

 

 

会うことによって安心感が生まれ、
会うことで信頼関係が初めて築かれると思いますし。

 

 

 

しかも、ファルマスタッフは業界トップの求人数を揃え(2017年1月現在)
求人先の人間関係まで把握しているので安心感が違います。

 

 

 

業界トップの規模で無料出張サービスまでやってくれるのは
ファルマスタッフ以外見当たりません。

 

 

 

 

 

 

 

いくら薬剤師業界がまだ売り手市場と言っても
採用側は確実に人材を選んできているのが現状です。

 

 

薬剤師の転職回数の多さがネックになって不採用という恐れも十分あります。

 

 

だからこそ、プロのコンサルタントと綿密に相談して
ポジティブで一貫性のある転職理由を考えること
希望の職場へスムーズに転職できる近道だと思いますよ(^^)

 

 

 

 


 

 

 

コンサルタントは他にも、条件交渉面接日程調整面接同行
入社後のキャリアプランの相談など手厚いサービスを完全無料で提供してくれます!