薬剤師 業界研究

薬剤師の業界研究は、現在必要不可欠になっている

 

薬剤師の業界研究をやることは
転職をするうえですごく重要になってくる

 

 

 

転職の際の業界研究は必要不可欠。

 

 

大きな過渡期を迎えている薬剤師業界は
特に入念な業界研究が必要ですね。

 

 

 

 

薬剤師の業界研究をしっかりやらないと

 

採用してもらえない

 

という事態になります(^^;

 

 

しかも・・・
採用されたとしてもお仕事のミスマッチにつながるという事態になりかねません。

 

 

 

 

じゃあ、薬剤師の業界研究のためにどんなものを利用したらいいのか?

 

 

次のようなものが挙がります。

 

・求人先のホームページ
・新聞、業界誌
・セミナー、勉強会

 

あと、あなたの転職したい業種にお友達がいるなら
お友達の情報をもとに業界研究がしやすくなりますね。

 

 

 

ここでは、薬剤師の業界研究において
チェックしておくべきポイントを業種別で見ていきます。

 

 

具体的な薬剤師の業界研究方法〜業種別〜

 

薬剤師の業界研究は、業種の特色に応じて掘り下げる必要があります。

 

そして、基本的なワードや市場規模はしっかり把握しておきましょう。

 

あなたの今回の転職が、異業種へのチャレンジならなおさら必要ですね。

 

 

調剤薬局

 

 

調剤薬局は、医療の分担業務が進んでいる現場です。

 

特にかかりつけ薬剤師予防医療をおさえておく必要がありますね。

 

お薬の管理を一元化して、医師や看護師と組んで
活動できる能力も今では求めてられています。

 

 

また、健康相談に応じて
病気にならないような身体づくりも促進させていく傾向が強いですね。

 

 

この流れとしては

 

日本が高齢化社会に進んでいる

 

という、背景があるからなんですよ。

 

 

高齢化社会が進むにつれて、在宅医療を推進する流れも出ているので
処方せんどおりにお薬を渡すだけではないと認識しておくと
薬剤師の業界研究は転職で大いに力を発揮します(^^)

 

 

ドラッグストア

 

 

ドラッグストア薬剤師になるための業界研究としては、
医療費負担を軽減するという観点からも
市販のお薬を使ったセルフメディケーションが進むでしょう。

 

 

また、近年は特に健康志向が強くなっています。

 

市販薬とサプリメントの併用に関する質問など
患者さんの幅広い質問に応えていける柔軟性も必要ですね。

 

 

 

 

 

例えば、サプリメントアドバイザーの資格を取って
症状をふまえた正しいアドバイスをしていきたいなど
業界研究をして積極的な姿勢を示していきましょう。

 

 

ちなみにサプリメントアドバイザーについては
日本臨床栄養協会で取得することができます。

 

 

病院

 

 

薬剤師の業界研究において、病院はどうでしょうか?

 

 

しっかりおさえておきたいポイントは
地域医療の発展ですね。

 

 

 

社会保障費負担が増大する懸念が広がっているので
今は国をあげた対策がなされています。

 

 

その代表的な対策が

 

病院と診療所の役割分担です。

 

 

診療所は入院施設がなかったり、ベッド数が20床に満たない医療機関で
病院はベッド数が20床以上の医療機関を意味します。

 

「〇〇医院」や「○○クリニック」は診療所に該当します。

 

 

・症状が軽くて服薬指導や様子を見るといった判断
⇒地域にある診療所でのケア

 

・重症化して手術や入念なケアが必要と判断
⇒病院へ引き渡して回復をはかる

 

といった、役割分担が明確になっているんですよ。

 

 

 

だから、病院への転職を目指してても
病院の規模や役割分担といった業界研究をしておかないと
求人先の採用担当者に良い印象は持たれません(^^;

 

 

中規模以上の病院への転職を考えているなら、

 

「重症化した患者さんを回復させる専門性の高いケアを学び、
それを実践して、少しでも医療の発展に貢献したい」

 

と、言うのがいいかもしれませんね。

 

 

薬剤師の業界研究を深くするために薬剤師転職サービスが役立つ

 

どの業種を選んでも共通してくるのが

 

高齢化社会へ進んでいる

 

という点ですね。

 

 

これを頭に入れながら薬剤師の業界研究をしましょう。

 

 

 

また、ホームページや新聞、業界誌だけではなく
セミナーやお友達の話などの生きた声
聞くと薬剤師の業界研究が格段に進みますね。

 

 

 

 

 

 

ですが、セミナー行く時間がなかったり
転職先にお友達が勤めているのはなかなか稀ですよね(^^;

 

 

 

そこで、薬剤師の業界の生きた情報を簡単に手に入れられるのが
完全無料の薬剤師転職サービスです。

 

 

1〜2分で登録を済ませたら、
担当エリアのコンサルタントがあなたの希望を聞いて
的確な求人を提案してくれる嬉しいサービスですよ。

 

 

薬剤師転職サービスならあなたが行きたい求人先の
内情をすべて教えてくれるので、
薬剤師の業界研究をより精密に実践することができるわけです(^^)

 

 

 

数ある薬剤師転職サービスの中でも
情報の量と質、コンサルタントの提案力とフォロー体制が
1番整っているのはファルマスタッフですね。

 

 

 

求人情報の多さは業界ナンバーワンの75,000件以上。

 

しかも、日本調剤が親会社なので業界に強い影響力があり
良質な求人情報が集まってきます。

 

 

 

あとは、全国のどこでもコンサルタントが来てくれる
個別出張面談サービスを実施しているんですよ。

 

 

あなたの知りたいことや悩みを会って対応してくれますから
メールや電話だけとは安心感がまったく違います。

 

 

業界ナンバーワンの規模で個別出張面談サービスをやっているのは
ファルマスタッフのみなんですから。

 

 

薬剤師の業界研究以外でも効果絶大のファルマスタッフ

 

会って話すことのメリットはすごく多いです。

 

あなたの細かい希望を聞いたり、
業界研究の材料となる話をしっかりと聞けますからね。

 

希望条件の認識、業界情報はもちろん
・キャリアプランの整理
・具体的な求人の提案
・応募書類、面接のアドバイス

 

などなど・・・
ファルマスタッフは、最適な解決策を提示してくれます(^^)

 

 

 

 

職場の雰囲気や人間関係など
求人票を見ただけでは分からないことも
すべて把握しているので遠慮なくコンサルタントへ聞いてください。

 

 

すぐじゃなくて、将来的な転職を考えていたり
今の職場で悩んでいるなどの場合でも
キャリアコンサルティングを無料で受けられるなど、万全のサポート体制ですよ(^^)