薬剤師 かかりつけ

就活で大事になるかかりつけ薬剤師の役割

 

かかりつけ薬剤師が注目されているけど
私の就活にどのように影響するんだろう?

 

 

 

 

2016年4月の診療報酬改定で、
かかりつけ薬剤師の業務が新設されました。

 

 

これによって、
調剤薬局が新たな局面に立っています。

 

 

あなたが調剤薬局への転職を考えているなら
かかりつけ薬剤師のことを頭に入れながら
就活すると採用される可能性が高まるでしょう。

 

 

かかりつけ薬剤師の役割は主に3つ。

 

1.いつも同じ薬剤師が患者さんの服薬情報をまとめて管理
⇒薬の重複をチェック、副作用の防止、より丁寧なアドバイス

 

2.医療機関との連携
⇒服薬後の経過をチェック、患者さんの体調の変化に応じて医療機関へ連絡

 

3.夜間・休日対応
⇒薬局が閉まっている時でも電話で薬の相談に乗り、患者さんの健康をサポート

 

 

これを見ると、患者さんにとってかなりのメリットがありますよね?

 

 

 

ですから、このかかりつけ薬剤師を
しっかり把握しながら就活することをおすすめします。

 

 

かかりつけ薬剤師制度の大きな影響

 

かかりつけ薬剤師の制度は
患者さん、調剤薬局両方にメリットがあります。

 

 

調剤薬局は、薬の重複などによる事故防止や
薬の飲み残しの削減に貢献できますからね。

 

 

 

では、これから調剤薬局はどのような方向に向かうのでしょうか?

 

 

結論を言ってしまうと

 

かかりつけ薬局業務をやらなかった場合、
実施しなかった翌年から調剤基本料が半分になります。

 

 

 

これでは、調剤薬局は利益を得ることはできません(^^;

 

 

 

調剤基本料の一覧を作ったので、下の表を見てください。
(平成28年4月1日施行 調剤報酬点数表より)

 

 

 

注目すべきは、赤枠で囲った減算・・・

 

 

 

これからの調剤薬局は、

 

かかりつけ薬剤師に関する業務をより評価される

 

と、考えることができますね。

 

 

 

じゃあ、かかりつけ薬剤師になる方法と調剤薬局へ就活する際の効果的な方法は
どんなものがあるんだろうと思いませんか?

 

 

かかりつけ薬剤師になる要件と具体的な就活方法

 

かかりつけ薬剤師になる要件は、次のとおりです。

 

@薬剤師として3年以上の調剤薬局経験
 かつ、ひとつの調剤薬局に週32時間以上の勤務
 そして、その調剤薬局に6ヶ月以上の在籍

 

A認定薬剤師としての資格を取得

 

B医療に関わる地域活動への参画

 

 

かかりつけ薬剤師の認定要件は、すごく難しいものではありません。

 

 

ただ、ひとつのところで長く働くことは
かかりつけ薬剤師制度から見ても、これからの主流になりそうですね。

 

 

 

 

「私はまだかかりつけ薬剤師ではないけど、
それでもちゃんと採用してもらえるのかな?」

 

 

 

と、不安に思うかもしれません・・・・

 

 

 

 

 

 

今現在、薬剤師業界に精通してるプロから情報を得て
薬剤師の就活をやっていかないと良い職場に転職できません。

 

 

ですから、完全無料の薬剤師転職サービスを使うことがおすすめです。

 

 

あなたの希望の条件や現在の状況をヒアリングしてくれて
的確にあなたに合った求人を提案してくれますよ(^^)

 

 

 

・かかりつけ薬剤師に対応した教育体制が整備されている
・子育てもあるから土日はお休みがいい
・無事に入社した後でもいろいろ相談に乗ってくれる

 

などのあなたの希望をどんどん言ってくださいね。

 

 

 

このように考えると、
薬剤師転職サービス選びはすごく重要だと思いませんか?

 

 

かかりつけ薬剤師を考慮した大事な薬剤師転職サービス選び

 

求人の質と量が圧倒的で、かかりつけ薬剤師の相談にも
快く乗ってくれるファルマスタッフがおすすめですね。

 

 

 

ファルマスタッフの母体は、調剤薬局大手の日本調剤なんです。

 

 

かかりつけ薬剤師が今後どのような展開をしていくか、
調剤薬局大手の日本調剤の情報に勝るところはありません。

 

 

あなたが無事に入社した後も
専任コンサルタントがあなたの職場まで訪ねて行って
キャリアプランを一緒に考えてくれるので安心です(^^)

 

 

 

しかも、業界ナンバーワンの求人数が75,000件以上。
(2016年12月時点)

 

 

さらにすべての求人先に専任コンサルタントが直接出向いて
内情をしっかりチェックしているので求人の質も高いです。

 

 

 

 

ですから、かかりつけ薬剤師の教育体制が整備された環境や
土日休み、人間関係が良好で働きやすいといった
条件の求人が見つかりやすいんですね。

 

 

 

日本調剤が母体というのは本当に強いです。
かかりつけ薬剤師などの業界情報はすぐに入手できるので、
入社前も入社後もメリットがすごくあると思いますよ(^^)